2009年10月11日

ケンタッキーの部位

ケンタッキーでオリジナルチキンを注文すると、
いろんな部位がでてきますよね?ひらめき
どの部位がどんな味なのか、どんな食感なのか、
どこの部位なのか…等々、
実際に買って検証してみました目ぴかぴか(新しい)
ケンタッキー.jpg


ケンタッキーには5種類の部位があります。

ケンタ5!.jpg



!あばら.jpg@リブ(あばら)
大きくて食べられる肉の部分が多いですが、
あばらの部位なだけに小骨がたくさんあります。
脂身も少なくパサパサしているので、
脂っこいのがすきな人は向いてないかもしれません。








きーる.jpgAキール(胸)
リブの近くの喉下の部分らしいので同じくパサパサしてます。
ただ、食べられるくらいの軟骨がついていて、
その軟骨の周りは少し脂身がありました。
カリカリの軟骨もついでに食べたい人にオススメします。




手羽.jpgBウイング(手羽)
よく動く部分だからか、味も結構濃いめで
関節の部分はジューシーでした。
でも、関節から遠いところは少しパサパサ。









サイ.jpgCサイ(腰)
1番大きくて肉量も脂身の多さも持ち合わせてました。
味もしっかりしてて、なんだか得した気分になれます!
黒い腎臓がついてきますがこれは
焼いたレバーの味でクセがあります。
これが食べられない方でも他の肉の部分で
味も量も十分満足できます。




ドラム.jpgDドラム(脚)
とても持ちやすい形をしてて、食べやすい部位です。
肉の量は少なめですが、脂身はちょうどよくて、
他の部位とは違う食感が楽しめます。













posted by からあげ子 at 20:31| Comment(2) | ケンタッキーの部位図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。